売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

売掛金回収不能から起こる問題

 

取引先からの売掛金の回収状況が悪く、不良債権化が進んでいるというようなケースは、決して少なくはないと思います。

 

 

では、取引先へ催促すればよいではないかとなりますが、普段の取引上の関係から、あまり強く請求できないというのが実態のようです。

 

 

売掛金の回収不能や回収状況の悪化は、中小企業にとっては頭を抱える問題のひとつです。

 

 

売掛金回収が悪いと、会社の資金繰りが悪くなって事業ができなくなります。

 

 

最悪の場合は、帳簿上の収支計算では黒字なのに、売掛金の回収不能から黒字倒産ということもありえます。

 

 

要するにお金が入ってこないため、会社の運転資金がなく、経営ができないということですね。

 

 

売掛金が回収できないという問題は、すぐに対策を打たなければなりません。

 

 

その前にまず、受注や請求のときに自分の会社はどのような対応をしているか振り返ってみる必要があります。

 

 

例えば、口頭だけで受注していたり、受注時に支払いの条件を確認していないといったことも多いのではないでしょうか。

 

 

こちらがいい加減な対応を行っていると、取引先の方も多少支払いが遅れたりしても大丈夫だろうなどと思ってしまうものです。

 

 

そのため、受注や納品の際には書面を交わして、受注の段階で請求締切日や入金日、支払方法など、必ず確認するように見直す必要があります。

 

 

支払い条件に問題があるようでしたら、安易に受注をしない方がベターです。

 

 

そして、支払いが遅れている場合には、必ず督促を行って、いつに支払ってくれるのか確認することです。

 

 

受注時に支払い条件を確認して、書面で同意がとれていれば、請求しづらいということもないでしょう。

 

 

受注の段階でしっかり確認する、見極めることが大事ということですが、では、すでに売掛金が回収できない状況にある場合、売掛金回収方法はどうすればよいのでしょうか。

 

 

そこで検討したいのがファクタリングというサービスです。

 

 

単純に、運転資金がない、資金繰りに困っているなどにも利用できるサービスですが、売掛金回収方法としても検討できるサービスです。

 

 

ファクタリングは売掛金債権を買い取ってくれるというサービスですが、もちろん、買取には審査がありますので必ず資金提供してもらえるとは限りませんが、問い合わせて相談してみる価値はあります。

 

 

今現在資金繰りに困っていて資金調達に急を要するという方にはありがたいサービスです。

 

 

売掛金回収方法でお悩みの方はファクタリングというのも一つの方法だと思います。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定