売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

売掛金の不良債権化

 

取引先の会社の経営は、状況が刻々と変化しているので、売掛金を回収するまでに時間がかかってしまうと、貸し倒れのリスクが高まります。

 

 

そのために、売掛金の管理はきちんと徹底しないといけないとともに、取引先の会社の経営状態や変化はしっかりと見逃さないように注意しなければなりません。

 

 

例えば、取引先の会社の得意先が倒産をしたり、人員の削減が行われたり、重要なポストの社員が退職したりなど、これらの兆候が見られる場合、取引先の経営状況は変化もしくは悪化している可能性も考えられます。

 

 

そんな場合には、受注の内容を検討したり、支払い条件の変更要請は受けないなど、柔軟かつ適切に対応ができることと思います。

 

 

新規の取引先会社との受注や大口の受注の場合には、あらかじめ信用調査を行うことも大事です。

 

 

信用調査会社を活用したり、取引先の商業登記簿謄本で虚偽はないかを確認したりすることで、その取引先の会社とどのような条件で取引きするか、どのくらいの金額であれば受注を受けられるのか、検討することができます。

 

 

売掛金回収の管理

 

まず最初に、取引先の会社ごとに売上帳を作成して、その取引先会社の支払い条件と照らし合わせながら売掛金回収の管理をすることが重要です。

 

 

そして、最低でも月に1度は取引先の会社ごとに売掛金の残高や、売上債権年齢(売上債権が回収までにかかる期間)を確認します。

 

 

この売上債権年齢が少しずつ伸びているようであれば、不良債権化が進んでいる可能性が考えられますので、十分な注意が必要です。

 

 

このような場合には、その取引先会社の経営状況の変化に目を光らせて、受注のときにもその受注は受けるべきかどうか判断すると良いでしょう。

 

 

いくら注文が入ったとしても、代金(売掛金)が回収できなければ儲けにならない、商売にならないということです。

 

 

受注時に支払い条件の確認から、その後の売掛金の回収管理といった流れを仕組みとしてつくり上げて、きちんと徹底することが大切です。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定