売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリングでやってはいけないこと

 

ファクタリングは資金調達や売掛金回収方法として便利なサービスではありますが、一方できちんと守るべき点、やってはいけないことがあります。

 

 

例えば、専門のファクタリング会社へすでに譲渡した売掛金を他のことに使ったという場合、横領罪に問われる可能性があります。

 

 

通常、融資での返済が滞った場合には横領罪に問われるようなことはありませんが、すでに譲渡した売掛金はファクタリング会社に所有権があります。

 

 

当然のことではありますが、ここは融資とは違う大きなポイントですので注意が必要です。

 

 

最悪の場合は刑事告訴されてしまう可能性もあります。

 

 

売掛金の流用は絶対にしてはいけません。

 

 

仮に刑事告訴されないとしても、売掛先への通知は行われてしまいます。

 

 

これは、売掛金債権を売却したことを売掛先に知られたくないという経営者にとっては大きなデメリットになります。

 

 

取引そのものが停止してしまったり、会社が倒産してしまう可能性も考えられます。

 

 

また、取引先の会社や知人などと共謀して架空の売掛金を申告したり、一定期間売掛金があるように見せかけるために不自然な取引履歴を作ったり、通帳を偽造するなどして架空の売掛金を売却するようなことは、明らかに詐欺罪に該当するので絶対してはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定