売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリングの活用法

 

ファクタリングは簡単に言うと、会社の売掛金債権を専門のファクタリング会社に譲渡売却して、早期に資金化することですが、それと同時に、キャッシュフロー経営の促進やリスクヘッジなどにも役立ちます。

 

 

ファクタリング会社は主に大手都市銀行が営業していて、銀行の窓口へ行けばいろいろ教えてくれます。

 

 

最近では景気の悪さも反映して、このファクタリングに対する関心が高まっていて、実際利用したいと考えている企業も増えているようです。

 

 

ファクタリングの特徴としては、資産の早期現金化のほか、ファクタリング会社による信用調査や情報提供を活用できるのも大きなメリットです。

 

 

ファクタリング会社は、クライアント(依頼人である取引先企業)以上にその販売先である支払人の信用を重要視するので、企業にとっては良い顧客を増やすと信用力も増します。

 

 

信用力が増せば、赤字であってもファクタリングが可能となり、それによって経営基盤を固めることができます。

 

 

また、ファクタリングの機能の中で重要なのが、万が一売掛金債権の回収が不能になった場合に、ファクタリング会社が回収リスクを負う(償還請求権なし)という機能です。

 

 

「この顧客に販売しても大丈夫か」、「与信金額はどのくらいか」といった与信管理を、クライアントに代わってファクタリング会社が行います。

 

 

クライアントである企業側は、新しい取引先の開拓がしやすくなるといえます。

 

 

このように、ファクタリングにはいろんなメリットがある一方、もちろんデメリットもあります。

 

 

売掛金債権の譲渡にあたっては、取引先企業である相手先の承諾を得なければならないケースがあります。

 

 

また、法律上やや改善されたのですが、いまだに登記の手続きは煩雑という点があります。

 

 

企業側は、一時の間に合わせというような資金対策でファクタリングを利用するのではなく、自社の資金のあり方を見直すひとつとして、ファクタリングを活用することが大事です。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定