売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリングとABLの違い

 

企業の資金調達の方法に、「ファクタリング」と「ABL」があります。

 

 

両方とも売掛金を活用した資金調達の方法なので、どちらも同じだと勘違いしたり、混同してしまっていることもあるようです。

 

 

しかし、どちらも方法はまったく違います。

 

 

ファクタリングは、売掛金を売却して資金調達します。

 

 

別の言い方では売掛債権譲渡とも呼ばれています。

 

 

自社が持っている売掛金債権を、専門のファクタリング会社に手数料を支払って売却し、ファクタリング会社が債権の回収業務を行います。

 

 

本来自社で行う回収業務をファクタリング会社が行うため、効率よく早期に資金を回収することができます。

 

 

一方、ABLは「アセット・ベースト・レンディング」の略称で、売掛金を担保に行われる融資のことを言います。

 

 

売掛金担保融資とも呼ばれます。

 

 

企業が保有する売掛金などの債権は、企業にとって資産であると考えられます。

 

 

この資産を担保にして行われる融資が、売掛金担保融資です。

 

 

事業の継続を前提にした融資であり、借り手である企業と貸し手である金融機関が密接な協力関係のもと行われます。

 

 

ファクタリングは売掛金を売却して資金を調達する、ABLは融資を受けて資金を調達する、これが両者の違いとなります。

 

 

この違いによって、具体的には次のような点で違いが生じます。

 

 

 

・自社と売掛先、どちらの信用が重視されるのか

 

ファクタリングは買取を依頼した企業よりも、売掛先の信用を重視します。
基本的には赤字や税金の未納があったとしても、売掛金の譲渡売却が可能です。

 

ABLで重視するのは、融資を受ける企業の信用力です。
業績が悪い場合など、融資を受けられないこともあります。

 

 

 

・調達できる資金の額

 

ファクタリングは売掛金の譲渡売却ですので、売掛金債権以上の資金調達は行うことができません。

 

ABLは売掛先や売掛金の状況などに対する金融機関の評価によって、融資額が変わってきます。
売掛金の状況がよければ、より多くの資金が調達可能です。

 

 

 

・利用のための金利・手数料

 

ファクタリングは売掛金債権を買い取るファクタリング会社が貸倒れリスクを負うので、手数料が高くなる傾向があります。
ファクタリングは返済が進めば利息負担が減る融資とは違って、買取を継続している期間、買取金額に比例した手数料が発生します。

 

ABLでは、担保とする流動資産の保全度合いや信用リスクに応じた金利が設定されます。
日々の業況を随時把握することにより、リスクの分散・軽減が可能なので、その分低い金利の設定が可能となります。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定