売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリング業者の選び方

 

まず、ファクタリング業者の選び方の前に、一般的なファクタリングサービスについて整理しておきます。

 

 

というのは、業者によっては正確にはファクタリングとは違うサービスなのに、ファクタリングと表現しているケースがあります。

 

 

ここでは、売掛金債権をファクタリング会社に売却して早期に資金を得る方式について説明します。

 

 

ファクタリング業者を選ぶ際、次にあげる3点について押さえておくと良いでしょう。

 

 

 

・.契約方法(3社間・2社間)

 

売掛金債権を売却するファクタリングは、自社・売掛先である取引企業・ファクタリング会社の3社間で行うのが一般的で、売掛金債権の資産価値に意味があるため、審査はファクタリングを利用する当人よりも売掛先である取引企業が対象となります。

 

しかし、売掛先企業は得意先でもあることから、先方に知られることなくファクタリングが利用できる、2社間取引を希望する会社も少なくありません。

 

そこで、個別の事情に応じたファクタリング会社であれば、取引に支障なく売掛金債権の資金化が可能となります。

 

 

 

・掛け目や手数料などの条件

 

ファクタリングは、売掛金が全額資金化されて入ってくるわけではなく、サービス利用には手数料がかかります。

 

手数料は業者によって違うので、ファクタリング業者を選ぶ際はその内訳をしっかり比較する必要があります。

 

 

 

・サービス内容の説明が明瞭かつ信用できるか

 

中小企業の経営者でファクタリングをよく知っているという方はまだまだ少ないです。

 

実際ファクタリングを利用した場合のメリットやデメリットなど、分かりやすく丁寧に説明してくれる業者を選ぶことが大事です。

 

説明が不十分で必要書類の提示だけを求めるような業者ではなく、会社にとっての資金繰りなど親切に教えてくれる業者であれば信頼できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定