売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリング契約における償還請求権とは?

 

ファクタリングは、企業が所有している売掛金債権を専門のファクタリング会社が買い取り、そしてファクタリング会社がリスクを負って売掛金の代金回収業務を行います。

 

 

これは、企業がもつ売掛金や受取手形などの売掛債権(売上債権)を、ファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来企業が行う債権の回収業務をファクタリング会社が代行しているともいえます。

 

 

ファクタリングを利用するとき、売掛債権については、その支払先(債務者)が決済期日に支払不能に陥った場合を考えて、ファクタリングを依頼した企業とファクタリング会社でどちらが負担するか、いわゆる依頼した企業が負担する「償還請求権のあるファクタリング」と、ファクタリング会社が負担する「償還請求権のないファクタリング」のどちらかを契約時に明確にしています。

 

 

一般的には、ファクタリング会社は信用調査の煩雑さや調査に限界がありリスクも高いことから、償還請求権のあるファクタリングを採用しているケースが多いです。

 

ファクタリングは企業にとって、自社の資金繰りに応じて債権を売却して資金化することが可能であり、金融機関からの借入のように担保が必要ないため、迅速に資金調達できるメリットがあります。

 

 

通常であれば債権の回収期日までは支払いを受けられないので、そういう意味ではファクタリングは利用の仕方によっては非常に便利なサービスと言えます。

 

 

ただし、ファクタリングを利用するにあたって、そのサービス(債権の管理・回収業務)に対するコストである手数料や割引料などが発生することも忘れてはなりません。

 

 

それに加えて、ファクタリング契約における償還請求権の有無についてもしっかり考慮する必要があります。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定