売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリングにかかる費用

 

ファクタリングを利用するには、いろいろと手数料がかかります。

 

 

着手金に0円〜3万円程度かかることがあり、できれば着手金については請求してこない会社を選ぶ方が良いと思います。

 

 

その他諸費用は次のとおりです。

 

 

・事務手続きの費用が 10,000円程度

 

・契約書への貼付用収入印紙代が 4,000円程度

 

・債権譲渡登記費用(登記の必要がある場合のみ)が 60,000円〜70,000円程度

 

・登記抹消費用(登記後、抹消を行う場合)が 30,000円程度

 

・公正証書(契約内容による) 81,800円

 

・確定日付(契約内容による) 3,400円

 

 

 

ファクタリングの手数料、いわゆる掛け目とも呼ばれますが次のとおりです。

 

 

1〜5%  3社間取引  入金口座の変更や管理権限の譲渡、売掛先への通知が必要。

 

6%〜15%  2社間取引  売掛先の信用力が高い。2回目以降は安くなる傾向がある。

 

15%〜20%  2社間取引  1回目の利用は大体この手数料から始まることが多い。

 

20%〜40%  2社間取引  売掛先の信用力が低い。売掛金額が非常に小さい場合。

 

※延滞事故がなければ繰り返し利用で逓減の可能性も

 

 

 

ファクタリングを利用する場合は、手数料についてよく考えましょう。

 

 

「30日後の100万円の売掛金を80万で売却する(8割引で買い取ってもらう)」というのは、「80万円を借りて、30日後に100万円にして返す」のと同じことです。

 

 

これを金利に換算してみると、ひと月あたりの利息は25%で、年間に換算してみると300%になってしまいます。

 

 

一般的な銀行の融資やビジネスローンの実質年率が2〜15%程度ということを考えると、年率換算で300%になってしまうファクタリングは、どうしても手数料が高いというのが大きなネックとなります。

 

 

しかし、そもそも年率2〜15%の融資が受けられない会社が多いのも事実です。

 

 

そういう意味では、ファクタリングはスピードや審査に通りやすいという点で便利なため、中小企業の経営者にとっては非常に有効な資金調達の手段と言えます。

 

 

2社間契約によるファクタリングについては、毎月利用することはおすすめできません。

 

 

あくまで、どうしても資金が必要という緊急時に1〜2回だけ利用するというのが望ましいでしょう。

 

 

手数料がなぜこれほど高いのかについて、ファクタリング会社の立場に立った場合、2社間での契約は非常にリスクが高いことがあげられます。

 

 

お客様の会社が資金繰りで困っている場合、売掛先から送金されてきた資金を自社の資金繰りに流用してしまうリスクがあります。

 

 

ファクタリング会社にとっては高いリスクになる可能性があるため、売掛金債権の買取り手数料は高く設定されています。

 

 

消費税については、ファクタリングは「売掛債権の譲渡・金銭債権の譲受け」に該当するので非課税となります。

 

 

手数料についても非課税です。

 

 

ファクタリングの費用対効果を検討する場合は、掛け目だけを見て比べるのではなく、諸経費や対応サービスまで含めて総合的に判断するのが大切です。

 

 

ファクタリングでいくら資金化できるかは読みにくい面があるので、まずは専門の会社に相談してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定