売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリングの歴史

 

ファクタリングは、会社の売掛金を買取ることで資金を提供する資金調達方法です。

 

 

ファクタリングの歴史は、19世紀末から20世紀はじめ頃にアメリカ合衆国で開発されました。

 

 

日本では、1970年代に都市銀行系や大企業系のファクタリング会社が設立されました。

 

 

ファクタリングは欧米では中小企業が当たり前の資金調達の手段とされていますが、日本ではそれほど発達しないで今日に至っています。

 

 

その問題点としては次の3つがあげられます。

 

 

・手形取引の発展

 

・信用調査の脆弱性

 

・法整備の遅延

 

 

 

中でも日本では手形による取引が発展したことが大きく影響しています。

 

 

そして、バブルが崩壊した後には、手形取引が最盛期の10分の1にまで落ち込み、手形取引(割引)で資金調達をしていた会社にとっては、売掛金の資金化・流通手段が無くなりました。

 

 

バブル崩壊後に運転資金の調達方法で大きな問題が発生するのですが、 売掛金の資金化に活用する明確な手法が広がらないまま、さらに世界的不況を経て現在に至ります。

 

 

経済産業省は、「売掛金を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要」との認識を示しています。

 

 

また、政府機関である信用保証協会が行う売掛金担保融資保証制度も、売掛金を活用した資金調達手段の認知度を高めて、その定着にも一定の役割を果たしたとも思われます。

 

 

要するに、不動産担保一辺倒の会社における資金調達から、早期に脱却する方法を政府主導で模索しています。

 

 

先の国会でも中小企業金融三法案が改正されて、 売掛金の早期資金化についてニーズが高まっていることがうかがわれます。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定