売掛金回収 売掛金買取 売掛金売却 売上債権回収方法

ファクタリングの種類

 

ファクタリングにはいくつか種類があります。

 

 

ファクタリングの種類について見ていきたいと思います。

 

 

 

・保証ファクタリング

 

国土交通省が創設した「下請債権保全支援事業」に基づいて、取引先からの支払いをファクタリング会社が保証するサービスのことです。

 

ファクタリング会社から見ると、人が有する売掛金債権や手形を与信判断・信用調査したうえで買い取り、その債権の回収を行います。

 

債務者が支払不能となった場合は、ファクタリング会社が債権会社に代金の支払いをします。

 

利用客から見ると取引先の倒産等によって売掛金や手形などの売上債権が回収不可能になるというリスクを回避できる便利なサービスです。

 

いくらかの手数料は払いますが、債権回収を確実なものにできます。

 

回収保証、損害補填といったイメージですね。

 

 

 

・買取ファクタリング

 

その名のとおり会社が保有している売掛金債権をファクタリング会社が完全に買い取ることで資金を提供するサービスのことです。

 

売掛金債権の回収リスクがなくなるとともに、売掛金債権の早期資金化・現金化が可能です。

 

債権のオフバランス化を図ることができて、バランスシートのスリム化につながるメリットがあります。

 

 

 

・一括ファクタリング

 

決済の手段に関するサービスのことです。

 

債権者側の会社が債務者側の会社に対して有する売掛金債権をファクタリング会社が買い取って、債権者側の会社へ支払いをする金融サービスをいいます。

 

取引先企業は手形発行事務の軽減や印紙代の節減など、手形発行の経費を削減できるというメリットがあり、支払手形に代わる新しい決済手段として大手企業を中心に導入されています。

 

このサービスを利用するには、三者間で合意が必要となります。

 

また、たくさんの売上債権を一括して買取ることを一括回収と言います。

 

 

 

・国際ファクタリング

 

国際ファクタリングとは、海外にある販売先との輸出取引において、売掛金回収を確実に行うための金融サービスのことです。

 

海外の企業と輸出取引、貿易を行う場合は、信用状という銀行が発行する支払い確約書が利用されていましたが、この信用状を開設するには、手続きなどが煩雑だったり、けっこうな手間と時間が必要になります。

 

そこで信用状を用いることなく、世界各国の金融機関と協力して、海外の売掛金の支払いを保証することで、輸出取引を確実・安全安心に行うことができるようにしたサービスです。

 

海外との取引がある会社が利用するファクタリングサービスのひとつです。

 

 

 

・医療ファクタリング(診療報酬債権ファクタリング)

 

病院などの医療機関の社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬(レセプト)をファクタリング会社が買い取って、早期に資金化・現金化するサービスです。

 

医療業界としては、大分浸透してきており、よく利用されています。

 

 

 

 

 

 

Qpa(キュッパ)の詳細はこちら
↓↓↓

 

 

資金調達にお悩みならQpa(キュッパ)へ!WEB無料相談・査定